ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

高校生の時からコンタクトレンズです。

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ
私は高校生になった時にコンタクトレンズにしました。小学生の時に目が悪くなり、中学生の時は常に眼鏡をかけていないと周りがよく見えなくなりました。高校生になり黒板がよく見えるようにと眼鏡を変えたところ、鼻や頭が痛くなることがあったので親と相談してコンタクトレンズへと変わりました。当時は使い捨てタイプがそんなに出回っておらず、ソフトレンズかハードレンズで選びました。運動部に所属していたこともあり、店員さんに勧められてソフトレンズにしました。初めて装着した時の緊張感と、眼鏡をかけずにクリアに見える視界への驚きは今でも忘れられません。そして、眼鏡がないことで何も気にせずによく見える状態で歩いたり走ったりできることを思い出し、毎日の生活がとても楽しくなりました。

今ではコンタクトにしてから20年以上経っています。無くしたり傷をつけたりすることも多かったので、使い捨てタイプに変わりました。通常使うレンズは2週間タイプで、泊りがけの旅行などの場合は荷物削減のために1日タイプを必要数持ち歩いています。最近は乱視も出てきたので、眼科で診てもらいながら度数を決めています。これからも愛用していこうと思っています。

その他のオススメ記事

おすすめサイト一覧