ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

コンタクトレンズを作るときは

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ
はじめてコンタクトレンズにするときは、眼科医の診断が必要です。眼鏡やさんやコンタクトレンズ専門店へ行くと、眼科医がいるのです。いないお店に当ったことは一度しかないのですが、そのときはリアルタイムテレビ通信のようなもので、遠方の眼科医に診断してもらいました。だいたいはじめは問診から始まります。目の状態についての質問などがあり、簡単な質問に答えると、計測に移ります。このとき、眼底の状態や角膜の状態をチェックすると同時に、視力、瞳のサイズ等も計測します。

眼科医は計測データと問診に基づき、コンタクトを装着可能かどうかを判断します。この時点で目にトラブルが発見されると、治るまで購入できません。装着可能な場合はそのひとの瞳のサイズ、カーブなどにぴったり合ったコンタクトをつくってもらうことができます。コンタクトは若いうちは目のカーブ等が変わってくることがありますし、左右に差が出てくることもありますので、作り直すたびにレンズのサイズが違うものになったりします。しかし目にフィットしたものでないと外れやすくなったり、眼球に負担をかけることになるので、定期的に検診を受け自分の目にあったものを使うのが良いでしょう。

その他のオススメ記事

おすすめサイト一覧