ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

コンタクトレンズに変えたときの話。

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ
私はずっと眼鏡をしていました。コンタクトがほしかったのですが親に反対されていたので、眼鏡をしている子が急にコンタクトレンズになって可愛くなってモテる、という漫画のような話を夢見ている時期がありました。働くようになってやっとコンタクトを買える事になり、眼鏡を卒業するときが着ました。

しかし、いざ眼鏡からコンタクトに変えてみると、どうでしょう。周囲の反応は自分の予想と違っていました。眼鏡のほうが似合っていたとか、眼鏡をしていないと誰だかわからないとまで言われたことがあります。やはり眼鏡というのはインパクトがあるので、「眼鏡の人」と思っていた人が急にはずしてしまうと目印がなくなったように感じて違和感を覚える人も多いのではないでしょうか。私ももし他人がそのようにイメージチェンジをしたら、はじめは違和感を感じてしまうと思います。ただ、自分がコンタクトになったとき、化粧が楽しくなったり自己満足はあったので、その点は良かったのではないかと思います。

その他のオススメ記事

おすすめサイト一覧