ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ

コンタクトレンズなら1日使い捨てレンズ

ハードコンタクトレンズのメリットは節約できるところ
普段はメガネを使用していますが、コンタクトレンズのときもあります。種類は1日使い捨てです。その昔コンタクトにしようと思い立って眼科医に出掛けたのですが、ハードを試してみたら痛くて目を開いていられず、ソフトを試してみたらそのレンズの大きさゆえに自分で出し入れできずに断念しました。そのころは1日使い捨てレンズというものはなく、ソフトレンズ両眼で6万円ほどしたと思います。

月日は流れ、コンタクトは1日使い捨てレンズが一般的になり、新聞の折り込み広告で無料装着のお試しができることを知り、懲りもせずまた眼科へ出掛けました。以前断念したところと違うショップで、指導方法が上手だったのか今度は上手くいきました。つけたときの違和感もほとんどなく、快適に視界を取り戻すことができました。ただし、近くが見えにくくなるという欠点があるので、近くのものを見ることが少ない日限定の使用となっています。

使わなければ減りませんので、1日使い捨ては私にちょうど合ったコンタクトなのかもしれません。

その他のオススメ記事